長崎の税理士・会計事務所の永田経営グループのブログです!!

教えます!私たちの日常: お金を使わない役員退職金

2015年8月8日土曜日

お金を使わない役員退職金

今回のブログ担当 MS第1課 課長の山田学です。
私たちの日常ではない、コアな専門的な話をします。

こういう社長さんは、割といるのでは・・・???
  事業承継において息子に事業を譲れそうだ、そろそろ交代の時期だ!!
・ 事業も比較的好調で、退職準備に向けて節税保険等で準備もしてきた。
  会社で土地・建物を保有している。
  自分の財産もそこそこあるので、老後はそこまで困らない。逆に事業承継後の会社の事が心配だ(息子の経営が心配だ)、現預金は残していった方が良さそうだ。
 こういう社長さんには、事業承継時に現金で役員退職金を支給する代わりに、会社保有の土地・建物等を現物で支給しては如何でしょうか?
 現物支給する土地・建物の価格は、帳簿価額ではなく時価となります。
 適正時価を算定する為には、不動産鑑定士に鑑定評価してもらうのが好ましいでしょう。

EX) 役員退職金(土地の時価)を5,000万円  現物支給する土地の帳簿価額8,000万円(含み損がある)とすると、
    役員退職金   5,000万円 / 土地 8,000万円
    固定資産売却損 3,000万円
 ・この事例の場合、現預金が動かずに、何と8,000万円の経費が捻出できます。
  (退職所得の税金・登記費用・不動産取得税はかかります)
 ・勇退した社長さんは、会社から地代をもらいます。老後の年金の足しになります。
 ・現金より賃貸用の土地の方が、相続税の評価額が下がります。
(節税・退職準備の保険は解約して、事業資金に使う事も出来ます。)

これに準じた手法は他にもあります。おいおい紹介します!!

こんなケースはどうだろう??と、質問がある方は、山田までメールまたは電話でお問い合わせください。

次回をお楽しみに!!!!