長崎の税理士・会計事務所の永田経営グループのブログです!!

教えます!私たちの日常: 労働保険の年度更新

2017年4月21日金曜日

労働保険の年度更新

 今回ブログを担当させていただきます、藤髙です。
この時期、花粉症の方にとっては辛い時期かと思います。私もその一人で、毎日マスクが
手放せません。
 さて、弊社では現在年度更新の準備を進めております。
 事業主は、毎年6/17/10までの間に、新年度の労働保険(労災保険料及び雇用保険料)の
概算保険料及び前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付を行わなければ
なりません(年度更新)。
 労働保険料は毎年4/1~翌年3/31までの1年間、すべての労働者(雇用保険は被保険者)に
支払われる賃金の総額(通勤手当を含む)に、その事業の種類ごとに定められた保険料率を乗じて算定します。
 昨年に引き続き、平成29年も4月から雇用保険料率が引き下げられました。保険料算定の際には注意が必要です。(労災保険料率は平成274月から変更はありません。)

 また、平成291月から65歳以上の方も雇用保険の適用対象となりました。免除対象高年齢労働者(41日において満64歳以上の被保険者)の雇用保険料は平成323月までは労使ともに免除されますが、平成324月から徴収開始になります。
 年度更新手続きにあたって、雇用保険の加入・喪失手続きに漏れはないか、雇用保険被保険者に関して、雇用保険料の給与控除に誤りはないか、確認されることをお勧めいたします。
 雇用保険加入・喪失状況については、管轄のハローワークから期間指定をして(4/1
翌年3/31)「事業所別被保険者台帳」を取寄せると確認がスムーズに行えます。取寄せは
「雇用保険適用事業所情報提供請求書」で行います。様式は労働局のHPからダウンロード、もしくは直接ハローワークから入手することも可能です。台帳は無料で出力してもらえますので、ご興味のある方は取寄せてみてはいかがでしょうか。
http://nagasaki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/nagasaki-roudoukyoku/lib/yoshiki/koyohoken/joho.xlsx