長崎の税理士・会計事務所の永田経営グループのブログです!!

教えます!私たちの日常: 3月 2018

2018年3月26日月曜日

七十二候について

 一日の寒暖差が大きく、朝から毎日何を着ていこうか迷っている内山が今回のブログ担当
です。

 私事ですが、最近「七十二候」が分かるアプリをインストールしました。
 七十二候とは、立春や夏至など半月ごとの季節の変化を表した二十四節気を、更に5日ずつに分けて気象の動きや動植物の変化を知らせるものです。
 この七十二候の名前がそれぞれとても美しく、3/203/24頃ですと「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、3/253/29頃ですと「桜始開(さくらはじめてひらく)と名付けられています。
 
 この中で私が好きな七十二候を二つご紹介したいと思います。
 一つは「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」です。これは7/278/1頃になります。熱気のこもった暑さが手に取るように感じられそうです。
 二つ目は「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」です。これは2/42/8頃になります。
漢字だけ見ると「とうふうかいとう」と読んでしまいそうですが、正しい読み方で読むと
温かくなってきた嬉しさまで伝わってきそうだなと思いました(O)

 アプリにはその時々の旬のものやきれいな花の写真なども載っていて、一息つきたい時に
おすすめです。興味がわいた方はぜひぜひ検索してみてください!

2018年3月2日金曜日

3月15日

 毎年、この日付を見ると早く過ぎてほしい気持ちになっている井口が今回のブログ
担当です。
 さて、3月15日は所得税確定申告の提出期限です。税理士事務所で一番の繁忙期に
入っています。当事務所では毎年約300件の確定申告を依頼いただいており、
各人約10~20件ほど担当を割り振られ確定申告業務をしております。

 今年の改正点として、セルフメディケーション税制が創設されました。従来の医療費と
セルフメディケーション税制のどちらを適用するかは納税者が有利な方を選択することが
できます。
 この他にも申告をする際は納税者にとって有利不利を判断しながら申告をしています。
例えば、特定口座年間取引報告書で源泉徴収を選択している場合、原則確定申告は不要です。しかし、上場株式等の売却により譲渡損失が出た場合は申告すると、他の配当所得のプラスと譲渡損失のマイナスとを相殺することができ、申告したほうが有利な場合があります。
他にもたくさんありますが、ここでは載せきれません・・・。
もし興味がある方、わからないことがある場合は、ぜひお気軽に弊社担当者にお問い合わせください。